[阪神・淡路大震災] 4K あの日を胸に | 震災と向き合った人たちの25年 | 関取・照強 | NHK

Published by : NHK
2020年1月17日、6434人が犠牲となった阪神・淡路大震災から25年の節目となります。
「阪神・淡路大震災25年 今だからこそ」https://www.nhk.or.jp/kobe/shinsai25/?cid=dchk-yt-2001-18-st
<1> 平成7年1月17日阪神・淡路大震災発生の日に、震源地である淡路島で生まれた関取、照強(24)。しこ名には、周りを強く照らすという意味が込められています。
<2>「あの日」母を亡くした永尾奈津紀さん(31)。くせのある母の髪をとかすのが好きだった永尾さんは美容師になりました。
<3>建設現場で働く山本直樹さん(20)。生まれる前に神戸を襲った阪神・淡路大震災で祖母を亡くしました。
<4>神戸市で寿司店を営む上野好宏さん(47)は震災で母を亡くしました。母が生前に書いたお品書きを25年経った今も大切に使っています。
<5>災害派遣医療チームで活動する医師・北田真平さん(40)。震災の混乱のなか、懸命に治療に当たる父の姿を見て、医者の道へ進みました。
<6>神戸を拠点に活動する太鼓演奏家の木村優一さん(43)。阪神・淡路大震災では被災しながらも、避難所での激励演奏に回りました。
“あの日”から四半世紀、阪神・淡路大震災と向き合いながら生き続けてきた人々のメッセージ。
【YouTubeは4K画質でもご覧いただけます:4Kカメラ撮影】

【放送情報】
NHK 総合・BS1・BS4K 随時

【出演者】
関取・照強、美容師・永尾奈津紀、建設業・山本直樹、すし職人・上野好宏、医師・北田真平、太鼓演奏家・木村優一

「阪神・淡路大震災25年 今だからこそ」https://www.nhk.or.jp/kobe/shinsai25/?cid=dchk-yt-2001-18-hpa

2020年1月17日、6434人が犠牲となった阪神・淡路大震災から25年の節目となります。
NHKでは“今だからこそ”をテーマに、「災害多発時代の備え」「次世代への継承」「防災・減災の啓発」といった課題に取り組んでいきます。
external link sitemap

震災25年 阪神・淡路大震災25年 照強 神戸 あれから25年 1995年 1月17日生まれ 1.17 あの日を胸に すし職人 建設業 美容師 医師 太鼓演奏家 太鼓奏者 関取 淡路島