【暁の星を仰ぎて】阪神大震災被災生物追悼巡礼行(遥かな友に♪played Ocarina by Akira.U)

Published by : 土の音グリーンノート
【暁の星を仰ぎて】阪神大震災被災生物追悼巡礼行
(遥かな友に♪played Ocarina by Akira.U)

⭕あめつちの便り「土の音」🌼
【暁の星を仰ぎて】(神戸から)

多くの人々の人生を一瞬で変えた
1月17 日午前5時46分(1995・平成七年)

毎年この日は、各地で追悼行事が営まれ
静かな祈りが捧げられます。

☆【暁の星を仰ぎて】阪神大震災被災
生物追悼巡礼行(遥かな友に♪played Ocarina by Akira.U)
:https://youtu.be/GANEKKg4w1Y

「お父さんに合掌〜〜
震災が再会の場になるとは、
不思議なことでしたね。…」

そう労(ねぎら)いの言葉を下さったのは
筆者の音楽の先生。
元 合唱団指揮者の 渡辺 寛氏。

中学時代に父の居場所が不明になって
以来、26年目のこと、

【阪神・淡路大震災
「石川県出身者で亡くなった8名」】

の見出しによる新聞紙上で、父と長年ぶ
りの対面(再会)でした。

【風化させないで、阪神・淡路大震災】

そう言われ始めた頃、遠方から一通の手
紙が届きました。
小笠原の父島で活動を共にした、旧友の
チエさんからです。

1980年に「ほうき星号」(手製7m小型
帆船)で太平洋を南下、小笠原父島に上陸
し生活をしていたとき、ネイティブな島
の文化を基に、自立活性化を促進しよう
と、【小笠原文化振興会】を立ち上げま
した。

きっかけは、日本の科学技術庁が島にや
って来て「小笠原近海に核廃棄物の海洋
投棄をする」ための説明会を開いたこと
からです。

志ある仲間と共に、チエさんも誠意ガリ
版刷りの啓蒙冊子【夢有民】の編集発行
を手伝ってくれた同志です。

 「今日はお父様のご命日ですね。
改めてご冥福をお祈りします。」

感謝と共に当時のリアルな状況が甦り胸
がつまる思いでした。

 当時、震災が起きる直前まで、徹夜で
土笛の製作と、《土ひとにぎりの革命
「土の音普及会」設立趣意書》を書いて
いました。

居間の囲炉裏の炭火で、自作のオカリナ
を焼きつつ、独学で試行錯誤を繰り返し
新聞社で仲間を募ろうと初の教室がオー
プンした頃です。

ふと外に出て星空を見上げると南の空高
く、マイナス二等級の木星(ジュピター)
が煌々と輝いていました。

夜明け前に横になり、うとうとし始め意
識が夢の中に埋もれた未明、突然家全体
がグラグラと揺れました。

見ると部屋の片隅に提げてある灯油ラン
プが踊っています。

夢ではない…なぜか関西方面に意識が走
りました。

 偶然見た翌日の夕刊に「石川県出身者
で亡くなった8名!」の写真が掲載。

なんと、父の顔が並んでいるのを発見❗
…神戸市灘区にいたことを知りました。

現地の交通機関はもちろんマヒ状態。
金沢から、原動機付き自転車(50ccバイ
ク)で、大型トラックが爆走する中に紛れ
、8号線で神戸の現地に走りました。

現地でつぶさに見た記録については、
小冊子【暁の星を仰ぎて】にまとめ親友
や縁の深い方にお渡ししてきました。

神戸からは、愛知県~静岡県を通り~
砂上の楼閣に見えた東京都をあっという
間に抜け、茨城県龍ヶ崎へ。

自然医学の恩師 佐藤成志先生(自然薬方
研究所所長)を報告共に訪ねました。

佐藤成志先生は、元 国際自然医学会で、
森下敬一会長の片腕としてご活躍。勉強
会で「同じ薬学部の後輩じゃないか」と
声を掛けられて以来のご縁。

化学薬剤を一切使わず【食箋】により、
ガンなど慢性病を快癒に導いた実績が豊
富。ガンから救われた医師のお礼状も。

佐藤先生を訪ねた日を機に、同志の目線
でご協力頂き、筆者の祖父が創業した
「上村光明堂薬局」を 食養・マクロビオ
ティック普及の拠点としてリフォーム、

【グリーンノート(環境食養研究所)】

現【食育のグリーンノート】です。

震災から胸に刻んだ無数の教訓は、
個人の思惑を越えて、地球社会の在り方
に活かさねば犠牲者は救われないでしょ
う。

限りある地球資源を搾取し「生き物」を
モノとして扱ってきた現代物質文明と、
砂上の楼閣のような束の間の豊かさの中
で、「本体」を見いだす事の大切さ。

天に与えられた各人の「使命」(いのちの
使い方)を各人が見出だし全うすることを
願うばかりです。

星になった父は、筆者が小学生の時に
ハーモニカで「ふるさと」を吹いたり、
柔道四段(講道館柔道を伝える岩井道場)
の手解きをしてくれたり、早朝の卯辰山
で蝉の脱皮を見せてくれたりと、薬剤師
でありつつも、海も山も好きな自然派で
した。

太平洋を周航した「ほうき星」には、父
のハーモニカや質屋で入手した白いギタ
ーが積んであり、各地に寄港する度、船
内外で音楽交流もしました。

オカリナに縁してから、店の奥に工房を
設けて土笛の製作をスタート。

【つちのね(土の音)だより】を発行する
などささやかな活動を進めました。

奇しくもその時期に重なり、大きなご縁
が…
交響楽等の作曲家、日本の「土の音」の
音楽芸術文化(オカリナ界)のパイオニア
火山 久(かやま ひさし)氏の夫人、直子さ
まとの出会いです。

1971年収録の 火山 久 オカリナ演奏の音
源が、CD【土の詩】として世に出た頃、

直子夫人に CDの広告デザインをご依頼
頂き、慣れない作業に苦心も。

群馬交響楽団のチェリストでもあった
火山 久氏を偲び、直子夫人に誘われ赴い
たのは、神戸復興祈念のイベント。

【1000人のチェロ・コンサート】

1998年11月29日、阪神・淡路大震災で
多くの犠牲者を出した神戸市のポート
アイランドで、名誉総裁高円宮憲仁親王
を迎えての開催。

会場に向かう電車の中は、人とチェロが
林立する奇妙な風景。
壮大なチェロコンサートの光景は圧巻
、大きなメッセージが発信されました。

悲惨な戦争同様、日々薄れる記憶と貴
重な教訓を未来に繋げ活かされんことを
祈念します。

■【暁の星を仰ぎて】から抜粋

「このたびの震災は、日本の近代文明を
代表する地で起こりましたが、ヒトの被
災以前に、日本の急激な人的開発(破壊)
行為によって、数知れぬ多くの生き物た
ちが人知れず声を上げる事なく被災を受
けています。
それに対するささやかな彼らののろいの
一端が、たまたま阪神地方に現れたので
はないでしょうか。(中略)被災したあら
ゆる生き物を弔い、次代を育む無形の糧
を分かち合えますれば幸いです。」

「アスベスト粉塵舞う白昼の街を抜け、
がれきの中での野宿から目を覚ますと、
暁の星が 冴えた空気の中に "春空如言" と
輝いていました。」

───────────
あめつちの便り「土の音」
〈食育のグリーンノート&土の音工房〉

☆食育HP:http://green17.crayonsite.net
☆工房HP:http://clay.crayonsite.net
◎「料理セミナー」:
https://youtu.be/4gXIxSK-l_Q
◎「土の音🎵オカリナのある風景」
:https://youtu.be/Lx0ONATqiTg
◆じゃらん「オカリナ体験」
:http://urx.red/yVBT
◎体と心の相談、食アドバイザー養成
🔶メールフォーム (お問合せ等)
:https://ssl.form-mailer.jp/fms/59b98b98532539
external link sitemap

グリーンノート 教会 あめつちの便り 慈しみ深き アメージンググレイス 神社 玄米酵素 癒し イルカ あなたへの歌 オカリナ 初心者教室 遥かな友に ヒーリング 福音 土の音 被災 阪神大震災 ocarina